知っておきたい「コーキング」

コーキング(シーリング)とは、建物の気密性や防水性を確保するために、目地(サイディングのボードとボードの境目など)をゴム状の部材で充填すること。コーキングがきちんと行われていないと、ヒビ割れや塗膜がはがれる原因になるため、塗料の塗布とおなじくらい外壁塗装においては重要な工程です。

コーキング剤

一般的に、コーキング剤には2つのタイプがあります。

  • 1液タイプ
  • 2液タイプ
1液タイプを採用しています

当社では、基本的に1液タイプのコーキング剤を採用しています。2液タイプは一度に大量につくることがほとんどなので経費がかかります。また、かきまわし続けないと固まってしまうため、維持するのに手間やコストがかかります。

その点、1液タイプは必要な量だけを必要なときに使えるためリーズナブルで、機能的にも2液タイプと大差はありません。大量のコーキング剤が必要な場合などは、2液タイプを使用することもありますが、基本的には「必要なところに必要なだけ」という考え方で、ムダなコストをカットしてトータルの料金を抑えています。

風岡塗装のこだわり