外壁塗装って何のためにするの?

外壁塗装を考えるきっかけは、「壁が汚くなってきたから」という理由がほとんど。住まいの外観をきれいにするために塗り替えを行うご家庭がとても多いです。もちろん、見た目をよくすることは外壁塗装の目的のひとつですが、いちばんの目的は「外壁を保護して住まいを守ること」です。

外壁塗装の目的1【住まいを守る~耐久性の維持~】

普段はあまり気づくことはありませんが、外壁は日々いたんでいます。外壁の塗膜は、風雨や紫外線、ホコリや排気ガスなどから住まいを守る役割を果たしていますが、その効果はいつまでも続くものではありません。年月とともに塗膜が劣化してくるとヒビ割れが生じ、隙間から雨水がしみこみ、じょじょに住まいの構造を悪くさせていくのです。構造が悪くなると、住まいそのものの耐久性に深刻な影響が及ぶことに……。

そこで、劣化を防ぎ、住まいの耐久性をキープするために行うのが外壁塗装です。しかるべき時期に塗り替えを行うことで、劣化を食い止め、住まいを長持ちさせることができるのです。

早めの塗り替えがおすすめ!

「ヒビ割れがあるけど、まだ大丈夫」と、外壁塗装を先にのばしてしまうご家庭も少なくありませんが、劣化が進んでしまうと塗装だけでは済まず、大がかりな補修が必要になってしまう場合もあります。そうなると、当然、出費も大きくなってしまいます。コスト面の負担を考えても、劣化が進む前の段階で塗り替えるのがかしこい選択だと言えるでしょう。

外壁塗装の目的2【きれいな壁でリフレッシュ~美観のアップ~】

外壁は、経年とともに見た目が悪くなってきます。塗膜が剥がれてきたり、カビやコケで汚れてきたり、ヒビ割れてきたり……。ご近所の方やお客さまの印象もよくありませんし、何よりご家族のみなさんが気持ちよくないでしょう。

住まいの耐久性を維持させるとともに、外観をきれいにするために行うのが外壁塗装です。塗り替えをすれば、新築のときの美しさを取り戻すことができますし、色を変えてイメージをガラリと変えることも可能。外壁がきれいになれば、毎日家を出るとき、家に帰ってくるとき、きっと明るい気分になれるでしょう。

外壁塗装っていつ行えばいいの?

外壁塗装を行うタイミングは、日当たりや湿気などの環境条件や使用している塗料などによって外壁の劣化具合が異なるため、一概に「○○年経ったら」とは言えません。もっとも確実な判断方法は、実際に外壁の状態を確認してみること。「そろそろ塗り替えたほうがいいのかな」とお考えの方は、以下のチェックシートを参考に外壁をチェックしてみましょう。ひとつでも該当する項目があれば、外壁塗装をご検討ください。

外壁チェックシート
カビやコケはなんで悪いの?

カビやコケが生えた外壁をそのままにしていませんか? カビやコケは住まいの見た目を損なうだけではありません。人体に悪影響を与えるおそれもあるのです。特にカビは要注意! 常に菌を発しているため、お子さまやお年寄りなど抵抗力が低い人にとっては病気を引き起こす原因になってしまいますし、健康な人でも免疫力が低下するおそれがあります。家族の健康をおびやかすリスクがあるため、たとえ見た目が気にならなくてもできるだけきれいな状態を保つようにしましょう。

風岡塗装のこだわり